[3dsmax] その他

[3dsmax]初期設定(スタートファイルの作り方)

単位設定やショートカットは一度設定すれば次回MAXファイルを開いた時に保存されているが、出力サイズやフレームレートは初期化されてしまう。毎日同じ設定で作業をする場合、毎回設定を変えるのは面倒だし、何より凡ミスの元。そんな時はスタートファイルを作成することで、maxを起動した最初の状態を色々設定することができる。

<作り方>
=============================

①MAXファイルを新規作成して、設定を調整する
新規のファイルを開き、レンダリング設定や、時間設定などを調整します。
個人的にはフレームレートだけは設定をいじったほうが良いと思います。
アニメーションを付けたあとフレームレートが間違っていると修正が困難なことが多いからです。

②スタートファイルとしてデータを保存
調整済みのMAXファイルを特定の場所にmaxstart.maxという名前で保存することで、
MAXを新規で起動する際maxstart.maxが開かれるようになります。

保存する場所は特に設定をいじっていない場合、
C:\Users\ユーザー名\Documents\3dsMax\scenes
になっているはずです。
=================================

maxstart.maxファイルの保存場所を確認したい場合は、
メニューの[カスタマイズ/ユーザパスの設定]を開きファイルI/OのMaxStartのパスを確認しましょう。

さらに詳しくは↓

スタートアップ ファイルと既定値 | 3ds Max 2016 | Autodesk Knowledge Network
3ds Max を起動すると、いくつかの補助ファイルがロードされ、プログラムの既定値や UI レイアウトなどが設定されます。3ds Max を実行またはリセットすると自動的にロードされる、maxstart.max という名前のシーンを作成することもできます。場合によっては、設定の変更時や 3ds Max の終了時に 3...

!注意!
スタートファイルを使用する場合はMAXのバージョン変更には注意しましょう。
バージョンが変わってもscenseフォルダのスタートファイルは1つなので、2018で作成したスタートファイルのまま2019を開く場合などにエラーが発生しました・・・

gesomaをフォローする
CGすくいどる

コメント