[3dsmax] モデリング

[3dsmax][arnold]アンビエントオクルージョンの出力

3dsmaxでAOをレンダリングするとき、昔はスキャンラインの疑似AOかメンタルレイのAOを使用していました。
しかし、メンタルレイが亡くなってしまったので、arnoldのAO出力方法を調べてみました。

今回はこのオブジェクトをAOで出力してみます↓

AOの出力方法

①レンダラーをarnoldに

レンダ設定ウィンドウを開き、レンダラーをスキャンラインからarnoldに変更

②AO用のマテリアルを作る

AO用のマテリアルを作ります。
[arnold]→[Utility]→[Map to Material]を選択

③AOマップを作る

[Map to Material]のテクスチャマップに、[arnold]→[Surface]→[Ambient Occlusion]を割り当てます。

④AOの設定をする

[Ambient Occlusion]のパラメータを設定します。
何も設定を変えなくてもAOは出力されるので、最初は何もいじらなくていいかも。

⑤レンダしてみる

レンダするとこんな感じになるはず

⑥AO設定の詳細

[Ambient Occlusion]設定を少しいじってみて、使えそうだったパラメータの詳細をメモ

samples 数値を上げると全体の質感が向上 ざらつきが減る
spread 黒い部分のぼかし具合が変わる 0だとセル調のくっきりした質感に
falloff 黒の広がる範囲が変わる 0.1程度で黒の範囲が引き締まるのでお勧め
Near Clip 黒部分の内側の有効範囲を設定
Far Clip 黒部分の外側の有効範囲を設定
Self Only オンにすると他オブジェクトとの影響が消える

gesomaをフォローする
CGすくいどる

コメント